スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレートトレーニング

クレート→「ねぐら」です。

 

たま~に勘違いされてる方と出逢います。 クレートは留守中に犬がイタズラしない様に入れて置く道具?

確かに犬を入れる物として販売されてます。 ただ入れる物って考えが有るから入らない、中で吠える、落ち着かない、扉を開ければチャンス!とばかりに飛び出して来るって問題が出るんですよ。

クレートは、犬が最も安全で落ち着ける空間で無ければ、クレートの意味が有りません。

クレートトレーニングと言うものは、「入れる」て思ってトレーニングすると、後で問題行動の原因に繋がります。

ではどうする? 「ここで落ち着け」と教える。

おわり 笑



安全で落ち着ける場所って犬に理解させる為には、まずは落ち着く空間を作ってあげる。

まずは大きさ←これ重要! 犬が可愛いが故に大き目の物を購入!みんなが見える様に、ケージにしました~!

はい!間違いです。

犬は寝る時、本来は穴に入るか、何かの隙間や草村。自分の姿は他から見えない所、外敵から身を守る為に出来るだけ自分の周りが囲まれてる所を選びます。静かで、近付く他の動物がいない所。それを作るのがベストです。

中々出来ない。当たり前です。そんな空間が有る家庭は少ないです。

じゃぁさようならm(__)m



では無く作って見ましょう!

出来るだけケージよりバリケンが良いと思います。バリケンは犬の搬送に使う物って思ってる方も居られるでしょう?本来は搬送用に作られた物と思います。でもバリケンがベストなんです。

ケージは中から外が丸見えでしょ?みなさんお住まいの家には屋根が有り、壁がありますよね?屋根・壁の無い家でゆっくり寛げますか?熟睡できますか? 同じ事です。犬にとってクレートは家です。コマンドは「ハウス」でしょ?

次に大きさ、大きさは大きい物はまず落ち着かすまで大変です。大きいより小さい方が安定しますが、小さ過ぎもコレ可哀想と思います。

ベストな大きさは、犬が入りグルっとUターンができて、伏せが出来る長さ(お尻から鼻先までの長さ)、高さは犬が普通に立ってれる高さです。ギリギリの大きさを狙う方が安定します。
中に毛布敷くのも良いと思います。ただ毛布で興奮する子も居ますので私は個体を見て判断してます。

用意が出来ればトレーニング開始です。

その前にクレート設置場所です。 これも大切です! 有る飼主さんから相談が有りました。 クレートに入らない。設置場所の周りを一周ぐるっと動画撮って送って頂きました。
あぁクレート90度左回りで反転させて下さい。水入れはクレートの前では無く、横に置いて下さい。 スコン!って犬はクレートの中へ! 笑

最初だけです。犬がクレートの中が落ち着く空間って事を理解するまでは、掛け時計の音がダメな神経質な子も居ます。家族が集まる部屋の扉が見えるのがダメな子も居ます。個体で判断してますが、落ち着ける所に設置するのが良いと思います。

有るトレーニングの依頼が有りました。散歩の問題行動でした。色々お話ししました。
これはクレートトレーニング必要と思いました。 でも散歩だから散歩トレーニングして欲しい。断固として散歩だけと言われ、お断りしました。 安らぐ事って大切で、そこをまず正さなきゃ始まらない。トータル的なトレーニングが私のトレーニング方針ですのでね。

さて設置完了! どうするか?

オヤツで釣る? いいえオヤツは最初から最後まで使いません。ご褒美って人間の考えです。犬にはご褒美の習慣って無いですからね。使いません!

私のクレートトレーニングはクレートの扉を外してトレーニングします。トレーニング後も扉は必要ないです。安らぐ場所ですから出ません。

では開始!

まずは犬をクレートの前に連れて来て、クレートに向けて落ち着くのを待ちます。 

速攻クレートに入る子も居ます。条件が揃っていれば速攻入ります。でも神経質な子は納得しないと入りません。 持久戦です。10分で納得する子も居れば、1時間必要な子も居ます。必ず納得して入ります。無理に入れようとせずに待って下さい! 心はリラックス!

入りました! 終わりでは無いですよ。 また持久戦です。 勝手に出るな!を教えます。

私は、ここでクレートの出口に境界線を引きます。 見えない境界線です。 これ出来れば凄く便利です。部屋に犬を入れたく無い時、瞬間的に境界線を引きます。 犬は入って来ないです。 これはまた機会が有れば書きます。

話戻します。 出るな!って意志標示をして下さい。クレートの前で出そうに成ったら戻す。繰り返しやってると犬は出る事を諦めます。 落ち着くのを待って下さい。必ずリラックスします。
リラックスしだせば、少し離れます。 徐々に距離を空けます。 自分はリラックス!そして出るな!って強い気持ちが有れば犬は出ようとせずにクレートの中でリラックスし始めます。
これでクレートトレーニング終了です。

犬はクレートが一番安心できる場所を理解しました。 扉は無くても出ません。 中で騒ぐ事はまず無いです。

さてさて こう言う子居ませんか? 来客に吠える。チャイムに反応、走り回り吠える。
こう言う子にクレートトレーニングは重要なんです。

クレート=安全 が理解出来れば、来客やチャイムに反応した時に、意標を突く!びっくりさせると一目散にクレートに入り大人しく成ります。

手をパチン!と音をたてて叩く サッ!と犬の前に立つ ペットコレクターを使う 様々な方法で意標を突いてビックリさせて下さい。 来客やチャイムに関連付けさえ出来れば、来客が来た時、チャイムが成った時、玄関に向かわずにクレートに入る様になります。 後は関連付け!が大事です! それと意志標示!「お前の出る幕じゃない!」

ではではクレートトレーニングの動画です。 動画撮ってるので安定まで行きませんが、こう言う感じって思って下さい。






こう言う事もどこかの訓練士さんのホームーページのQ&Aで見かけました。

小型犬で来客が来ると、来客の足を噛むって相談。

答えは、そもそも来客が来る所に噛む犬を離してるのが間違い、来客が来たらケージに入れて下さい。 

だって チャンチャン 笑

な~んか考え方が違う様におもいます 笑 

ホームページドッグスクールポチパパ も宜しく!m(__)m 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。